結婚適齢期はいつ? ②

男性の結婚適齢期がわかったところで、実際に婚活中の女性、

結婚適齢期の女性はどんな男性を求めているのか。

 

結婚は、恋愛とは違って現実をしっかり見据えなければいけない部分が

あります。

共に暮らし生活を送っていくのですから、ある程度の収入がなければ

女性は不安になってしまいます。

 

女性個人の考えにもよりますが、日々の暮らしを不満なく送れ、

たまには旅行などの贅沢もできる収入が望ましいでしょう。

 

そして、予期せぬ事態に備えて貯蓄も必要です。

この人となら、これからの人生お金で心配になることがない、と思える

相手を女性は求めています。

 

婚活を成功させる上でも、結婚を順調に継続させていく上でも、

相手への尊敬という気持ちは必要な要素です。

女性が男性を尊敬するポイントは様々だと思いますが、その1つに、

男性の仕事に対する向き合い方があります。

 

男性が、自分の仕事に誇りを持ち、毎日アグレッシブに仕事に

取り組んでいれば、自然と女性はその男性を支えたいと思うものです。

 

しかし、毎日帰って仕事の愚痴を言ったり、嫌々働いている姿を見せていたりしては、女性の気持ちは沈んでしまいます。

男性も女性も仕事の愚痴をこぼすことは当然あります。ですが、その根本に、その仕事に情熱を持っているという男性に女性は惹かれるみたいです。

 

私はこれで失敗しました。

 

女性はある程度の年齢の男性に対して、何か趣味を持っていたり、

自分が楽しめる時間の過ごし方を熟知したりしていて欲しいものです。

そして、その男性の世界観を女性は知りたいと思っていますし、

共有したいとも思っています。

 

女性の知らない世界を広げてくれる男性に魅力を感じます。

 

逆に、ずっと無趣味な男性をみると、「つまらなそうだな」とか

「刺激のない毎日なのかな」というマイナスな印象を持ってしまうでしょう。

 

結婚となると、二人だけの関係では完結しません。

お互いの家族に紹介し、友人・知人などと付き合うこともあるでしょう。

そうなったとき、人との距離を上手に縮めることができ、相手から

好印象を得ることができる男性なら、女性は安心して紹介できると感じます。

 

女性が結婚を考えるとき、自分が幸せになれるかはもちろん、女性の家族も

大切にしてくれる人かどうか、というのは大きなポイントになります。

 

結婚というのは、お互いの家族が増えることです。

男性の自分の家族だけでなく、女性の家族も気にかけてくれ、何かあったときは支えとなってくれる男性を女性は求めています。

 

以上の事を是非参考にして頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です