結婚適齢期はいつ? ①

人には結婚適齢期といわれるものがありますが、男性が、そろそろ結婚を…と

考え始めるのはいつ頃でしょうか。

 

自分の周りの友人が結婚をしだしたら?

それとも、年齢をある程度重ねてから?

 

そもそも、男性にとっての結婚適齢期とはいつのことで、その適齢期に

どんな行動を起こせば結婚という結果に結びつくのかを

先日読んだ記事を元に紹介したいと思います。

 

 

厚生労働省がとりまとめている「婚姻に関する統計」によると、

平成27年、男女ともに初婚の場合の平均年齢は、男性が30.7歳、女性が29.0歳

でした。

男女ともに初婚の場合に限りますが、この25年間で初婚の平均年齢は

男性が2.5歳、女性が3.4歳上昇しています

これを踏まえて、男性の結婚適齢期はいつなのかを考えてみます。

 

結婚をする年齢が上がれば、その後の計画も後にずれていきます。

例えば、子どもを考えていたとして、40歳過ぎて結婚をすれば、子どもの

独立前に自分の定年が来てしまうこともあります。

 

また、自分の親も同じように歳を重ねていくので、子どもが小さいうちに親の

介護が重なることもあるかもしれません。

 

厚生労働省の統計にもあるような、初婚男性の平均年齢30歳ぐらいで結婚する方が、年齢を重ねて結婚をするよりも人生設計が立てやすいといえるでしょう。

 

最近では共働き夫婦が増えてきたとはいえ、男性にとって結婚は大きな責任を

伴うものです。

仮に、結婚後に子どもをつくろうと考えたとき、女性は妊娠、出産などで

働けない期間ができてしまいます。

 

また、それ以外にも予想外の理由で二馬力が一馬力となることもあり得ます。

そうなったとき、男性は一人で家計を支えなければなりません。

仕事が軌道に乗っていなかったり、まだ家族を支えるだけの収入が

なかったりすると、結婚をしたいという気持ちがあっても現実的には厳しいものです。

 

仕事での経験をある程度積み、立場も上がり余裕もでれば、それに伴って

収入も増えていきます。

「自分一人でも家族を持つことができる」と自信がついたとき、結婚適齢期だと考える男性もいるでしょう。

 

これは個人によっても年齢が異なりますが、一人でいることに飽きたり寂しさを感じたら適齢期といえるでしょう。

 

ある程度の年齢までは、友人同士で趣味を楽しんだり休日を過ごしたりと、

充実した日々を送る人も多いようです。

しかし、初婚の平均年齢である30歳を過ぎたあたりから、家庭を持つ

男性が増えてきます。

 

すると、家族優先になった友人達とこれまでのような過ごし方はできず、

独身の男性は一人取り残されることになります。

 

こうした一人の状況につまらなさを覚え、自分も家族が欲しいな…と

感じたときが、パートナーをみつけたくなる結婚適齢期といえるみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です