弱点の克服法

先日、横綱白鳳が勝利数記録の更新をされたニュースが

報道され,話題になりましたね。

 

凄い記録を打ち立てた白鵬に尊敬しつつ、同時に

亡くなられた大横綱・千代の富士(九重親方)の事を

思い出しました。

 

優勝決定戦の勝率十割。

休場明けで迎えた九場所のうち六場所の優勝。

 

”逆境になるほど強い男”

小さな体、そしてケガ。

特に、持病の肩の脱臼は十数回。

これを克服する為に、一日五百回の腕立て伏せ等

筋力アップの鍛錬で、あのもの凄い体を作り上げました。

 

ハンデを武器に変えた強靭な精神力。

九重親方は

「ケガを克服するごとに強くなった。もし肩の抜ける

持病がなかったら、強引な相撲しか取れず、あんなに

強くなれなかったと思う。」

と、語っていました。

 

弱点をバネするほどの強い精神力。

やれば出来るんだと勇気をもらった事を思い出しました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です